2017 January

 

 
 
西洋美術館に「北斎とジャポニズム」展を見に行く。パリに30年も居る と ヨーロッパで北斎を見る機会は近年とても多く、日本では久しぶり?会場構成も 興味深く、何より各セクションの色構成が斬新で「北斎とパステ ル」の組み合 わせは新鮮。子供の頃飼っていた我が家の猫は北斎からとった「HOKU」とい う名前で外国からのお客様に「HOKUSAI」の説 明をしたことを思い出す。

 

 

   
 
 
母のアトリエから1988年に西洋美術館で開催された「ジャポニズム展」のカ タログを発見、1988年は私がパリに渡った思い出深い年。ジャポニ ズムは フランスを中心としたヨーロッパで見られた「日本趣味」のこと、1870年に はフランス美術界においてジャポニズムの影響は顕著で1876 年には 「japonisme」という単語がフランスの辞書に登場したという。パリはココのと ころ空前の日本ブーム普段何気なく使っている単語 「japonisme」について少し 考える・・・。

 

 

   
 
 
 
2016年にユネスコの世界遺産に登録されてから、すっかり人気になった常設 展。日本を含む7カ国と共同で推薦していた「ル・コルビジェの建築作 品17 作品」の一つ、「近代建築運動への顕著な貢献」と言う名称で一括して登録され た。「19世紀ホール」の美しい吹き抜け、三角の窓から柔らか な自然光が取 り込まれ2層分の高い天井が円柱で支えられていてここから2階へ進むスロープ が伸びている。 三角形の天窓のモチーフは富士山だという説もあるけれど本当だろうか?コルビ ジェが富士山に興味を示したとはなかなか想像しにくいけれど・・・。

 

 

     
 
 
expo index   page top

home