2019 Octobre

 

   
 
 
和光ホールに「書業六十五周年 井茂圭洞展」を見に伺う。かなの第一人者であり文化功労者、日本芸術院会員と伺うと拝見するこちらも緊張する。かなには「至簡の美」「流麗の美」「切断(間)の美」「墨法の美」「余情の美」があると言う。余情とは要白、必要な白さを美しく見せるために書く、余白は書いて余ったところの意味であると。デザインナーの私にとっても多くを学ぶ展覧会、静かに書を味わう。

 

 

   
 
 
 
思わずカルチャーにカテゴライズしてしまうブティック、DOVER STREET MARKET GINZAはコムデ・ギャルソンの川久保玲氏によるセレクトショップ。現代アートのギャラリーかと思う空間に商品かオブジェかわからないアイテムがインスタレーションのように並ぶ。その昔、銀座コマツだったことが信じられない・・・。

 

 

   
 
 
 
軽井沢にある脇田美術館のミュージアムコンサートに伺う。森に囲まれた脇田和氏のアトリエ山荘を囲むように建つこの美術館、木漏れ陽も眩しく作品が並ぶ美しい空間にヴァイオリンとピアノ、テノールの歌声が響き渡る。コンサートの後は脇田氏の作品をゆっくり拝見し中庭のガーデンパーティーへ。何とも贅沢なコンサート。

 

 

     
 
 
expo index   page top

home