2020 March

 

 
 
 
3月に入ると新型コロナウィルスの感染拡大による外出自粛要請は益々となり美術館や展覧会は軒並み臨時休館、普段なかなか出来ない「細々した整理」をする時間に充てる。長い間箱の中に溜めていた絵葉書、可愛らしいノートルダムのイラストのカードは友人O嬢からのグリーティング。昨年の火事で燃え落ちた姿も健在、アクリルの額に入れアトリエに飾る。

 

 

 
 
東京に居る時はなかなかゆっくりDVDを見る余裕がないので、軽井沢に来ると見たかったDVDを少しずつ見る。「13 Jours en Franceー白い恋人たち」はフランスの名匠クロード・ルルーシュによる1968年のグルノーブルオリンピックの記録映画、フランシス・レイによる音楽はあまりにも有名。著名なスキーカメラマン、ウィリー・ボグナーが選手の直後をストックを持たずに高速で滑りながら撮影するシーンは今見ても大変な迫力。アルペン3冠達成、伝説のスキー選手ジャン・クロード・キリーの姿も。

1968年のカンヌ映画祭は5月革命で中止になり40年後の2008年、オープニング作品として上映されたこの作品、会場には監督のクロード・ルルーシュも登壇したそう。口笛で始まる主題歌の素朴でシュールな印象がいつまでもリフレインする・・・。

 

 

   
 
 
 
神保町に資料用の本を探しに行く。80年代、バブルの時代にデザイン界で一斉を風靡した雑誌「STYLING」のバックナンバー、懐かしいデザイナーや作品、レストランなどが並ぶ。「全てが超一流」というコンセプトも80年代を象徴するよう・・・。

 

 

   
 
 
80年代、時はバブル真っ盛り、私は高校生だった。パリに憧れていた当時の私の愛読書はオリーブ、「フランス直輸入」という雰囲気たっぷりのELLE JAPONはそのお姉さん雑誌のような存在。今見ても新鮮なスタイリングと誌面に広がる「パリっぽさ」、その後パリに住むようになってもこの頃のELLE JAPONを超える雑誌には出会わない。

 

 

 
 
銀座和光に「ギメル展―桜の歌」を見に行く。満開の桜も新型コロナウィルスの感染拡大の影響で愛でる機会も少ない今年の春。高い技術と細やかな細工、眩いばかりの光を放つダイヤモンドが散りばめられたギメルの桜に心が洗われるよう。

 

 

 
 
フランスに長かった祖父から聞いた「ディオール」という名前、その後母からもらった最初の香水がディオールのディオリッシモだった事・・・。そんなことから私にとってDIORはフランスそのもの、今もその気持ちは変わらない。このドキュメンタリーは生前のディオール本人の貴重な映像や当時のアトリエの様子、スタッフが語るディオールのエピソードなど何度見ても飽きない。

 

 

 
 
expo index 私が子供の頃、バイブルのように大切にしていた「生活の絵本」。戦後から20年、「それいゆ」を卒業した世代がファミリーを持ち「ライフスタイル」という言葉が定着し始めた時代。インテリアやクッキング、ハンドメイドの記事は今見ても新鮮。生活を楽しむちょっとしたコツ、のようなコラムも楽しい。大橋歩さんのイラストによる表紙も懐かしい創刊号、我が家の取材記事には母の手作りのワンピースを着た私も登場。膨大なバックナンバーを整理する眩しいような素敵な時間・・・。 page top

home