2020 July

 

   
 
 
本の資料のため子供の頃の絵や工作を時系列で並べる作業が続く。大好きだった「ドリトル先生シリーズ」の映画を見て描いたカタツムリ。ドリトル先生は20世紀前半にアメリカで活躍したイギリス作家ヒュー・ロフティングによる児童文学シリーズ、日本に登場したのは1925年という遥か昔と知り驚く。井伏鱒二が近所に住む児童文学作家の石井桃子の勧めで翻訳を始め、陸軍に徴用され中断するも終戦後に再開、1962年に全巻の翻訳を完成、この井伏訳は今も岩波少年文庫として版を重ねていると知り更に驚く。

 

 

 
 
緊急事態宣言が解除になっても感染者は増え続けなかなか外出する気分にはなれず、本の整理を少しずつ始める。父の助手の方からクリスマスプレゼントに頂いた絵本「しろいうさぎとくろいうさぎ」、1965年の初版以来、福音館書店のロングセラーと知る。2匹のうさぎの優しい愛の物語が美しい墨絵のような濃淡で穏やかに語られ、木々のせせらぎや森の匂いまで感じられる絵の美しさと静かな事の運び、ピュアなラブストーリーは今読んでも心に響く。

 

 

   
 
 
コロナウィルス感染拡大防止と外出自粛・・・、展覧会を見に行く機会はめっきり減ってしまったけれどオンラインによるメディアアートのライブ配信など、今迄あまり馴染みのなかった新しいジャンルのWEBサイトを見るようになって世界が広がったよう。ライブが終わってからも見られるので「時間的自由」Time freedomも嬉しい。

 

 

     
 
 
expo index   page top

home