2020 November

 

 
 
母の親友である画家の佐野ぬい氏、パリで個展をなさった時に買わせて頂いたゼロ号の額をアトリエに飾る。母のコレクションから作品のポストカードも年代順に整理してアクリルのボックスへ。当時の新聞記事やFIGAROの特集を改めて読みつつチャーミングなお人柄を思い出す。

 

 

 
 
 
読書家のいとこ姪からプレゼントされた須賀敦子さんの文庫本。書下ろしの長編小説ではなくエッセイのまとめたモノはどこからでも読みやすく、飛行機や新幹線の移動の間の気分転換にも嬉しい。そもそも「移動の間に本を読む」こと自体がめっきり少なくなったスマホ時代、反省を込めてバッグに忍ばせる。

 

 

 
 
 
先シーズン以来コロナの影響を思い切り受けてしまったパリコレ、YouTubeで発見した90年代のプラダのショウをアトリエで見る。リンダ・エヴァンジェリスタ、カレン・マルダー、ナオミ・キャンベル、タチアナと錚々たるスーパーモデルが大集結したゴージャスなショウはため息が出るほど。モードやファッションはファンタジーであり夢、ヴァニティーであり一瞬で消えてしまうモノだからこそ思い切り贅沢な演出も許されるのでは・・・。

 

 

     
 
 
expo index   page top

home