2018 January

 

   
 
 
 

 

 

 
 
 
快晴の元日、雲一つない澄みきった青空 にキラキラ光るゲレンデが美しい。 この空の様に、穏やかで澄んだ一年でありますように。

 

 

   
 
 
  親族のお正月を終え、久しぶりに我が家でのんびり。普段使わない漆器をお手入れしたり、頂いて来たお節を目先を変えて盛り付けたり。年賀状のお返事も書かなくては・・・。  

 

 

 
 
 
  お正月早々、スーパームーンの今晩、テラスに出て白ワインを頂きつつ輝く満月を眺める。寒いけれど澄んだ空気が気持ち良く、東京では珍しく星も見える。 素敵な新年のスタート。  

 

 

2 1
 
 
再び雪の軽井沢へ。雪の翌日の快晴とあって、木々に積もった雪がキラキラと舞い落ちて妖精でも舞っていそう。お三ヶ日に必ず行く初詣、鈴を鳴らしてお賽銭を入れて・・・いろいろお願いごとをする。

 

 

   
 
 
  軽井沢でも東京と同じくテーブルをセッティング、そして同じく漆器のお手入れ など・・・。母が残した器類をまた少し整理する。きちんと整理さえ出 来てい れば、季節ごとにさまざまにテーブルを飾る事ができる。母の美しいテーブル セッティングを思い出す。  

 

 

 
 
 
快晴のゲレンデ、今年初めてスキー場へ。悠然とそびえるあさま山を眺めつつ、 霧氷の森を抜ける。澄んだ空気の中、爽快な滑り初め。  

 

 

 
 
  午前中は仕事をしてお昼近くにゲレンデへ。雄大な浅間山、キラキラ光る霧 氷・・・自然の美しさは力強く、また繊細。  

 

 

 
 
 
パリー東京の生活も30年、銀婚式もあり、幼少期から今日までを振り返った個 展も無事盛況に終わり、様々に一区切りとなった昨年。今年のテーマは 「整理 と準備」、30年間走り続けて来た軌跡をきちんと整理するにはやはり時間が必 要。まずはその「システム」を構築しないと・・・、すっかり 「整理モード」 のアトリエ。  

 

 

     
 
 
diary index   page top

home