2020 September

 

 
 
 
今年は新型コロナウィルスによる緊急事態宣言、外出自粛要請のため全てがオンラインになりパリに戻ることはおろか国内、都内の移動も殆どなく私にとっては初めての「ルーティン生活」が実現する。毎月1日に同じ場所に居る幸せ、経理に回す伝票整理も毎月のデータ整理もその量が少ないことにも驚く。

 

 

   
 
 
CO2の排出量が激減し空気が澄んで空が美しいのは東京も同じ。不思議な飛行機雲がビルの合間に浮かぶ不思議な光景。コロナに翻弄された夏もそろそろ終わり、この秋はどうなるのだろう・・・。

 

 

 
 
 
4月の外出自粛要請以来始めたバドミントンもこの残暑ではとても無理・・・、近くに出来た体育館にコートの予約がてら見学に行く。プールやジム、テニスコートを備えたアメリカのようなジムナスティッククラブ。すっかりご無沙汰しているプール、泳ぐことが何より好きな私にはなかなかツライご時世。

 

 

 
 
 
今年はコロナの影響で夏休みも短く新学期の始まりも早い異例の9月、「withコロナ」の生活も少しずつ定着して来たよう。長く続いた外出自粛要請で外食はもちろんコンビニも苦戦、閉店のお知らせを見かけることも多くなる。いつものコンビニのガランとした棚、コロナの影響は今後どこまで広がるのだろう・・・。

 

 

 
 
アトリエは早くもクリスマスの納品準備、見渡す限りbijouxが並ぶ作業台。オーダーから制作、検品とお客様のお手元に届くまでアクセサリーの展開は長丁場。そして常に季節を先取り、クリスマスを迎える頃は2021年春夏のコレクション準備が始まっているはず。

 

 

 
 
 
長引くオンライン生活で酷使し過ぎたのか?とうとう愛用のipad-miniが壊れる。殆どモノを壊すことのない私には新しいIT機器を見る良いチャンスと、早速アップルのお店へ。店員さんも「初代のipad-mini?」ともはやヴィンテージの域らしく珍しそう、今はもう7代目とか。日進月歩と言う言葉すら追いつかないIT機器の進歩に目を見張る。

 

 

 
 
 
普段なら対面の打ち合わせも全てオンライン、そして郵送・・・。春から続くこの手順にもすっかり慣れては来たけれどやっぱり対面とは効率が全く違う。そもそも「どこの誰に何を送ったか?」がわからなくなる。そのため毎回撮る写真の記録がなかなか面白く「イームズのカード」よう。

 

 

   
 
 
撮影用の作品たちもスタンバイ、細かい指示のメモをそれぞれのパッケージに添える。対面ならシーンに応じてその場で話すことを事前に書くのも難しい。全てが煩雑で手間も多くその割に効率も低く・・・、一刻も早く元の生活に戻れる日が来ることを願わずには居られない。

 

 

 
 
台風10号が北に抜け久しぶりに快晴の朝、台風一過の澄んだ空気と真っ青な空に白い橋のストラクチャーが美しいコントラスト。早朝に東京を抜け出し群馬の舘林に到着、主人のゼミの皆さんとご一緒する。広大なランドスケープと共に建つ群馬県立館林美術館、CGで描いたような美しい光景に目が覚めるよう。

 

 

 
 
 
続いて太田市美術館・図書館へ。数々の賞を受賞され何かと話題の美術館のような図書館、建築家平田晃久氏が市民と一緒に作った言う楽しい空間。迷路のようななだらかな傾斜を歩くのも心地よく、不思議な空間体験。

 

 

 
 
台風一過の快晴は嬉しいけれど再びの猛暑、伊香保グリーン牧場の羊さんたちもスヤスヤお昼寝?隣接するハラミュージアムアークへ。広大な緑と山々をバックにシンプルでシャープなフォルムが美しく浮かび上る。

 

 

 
 
 
本日最後の見学はアントニン・レーモンド設計の群馬音楽センター。高崎市民の熱望によって群馬交響楽団のために建てられたホールとあって今も大切に使われている。1961年の竣工とは思えない行き届いたメンテナンスに驚く。高崎市の文化遺産のような貴重な建築、平日午後公演なども盛んなようでぜひ演奏会を聴いてみたいもの。外に出ると空には虹、皆さんの若さに元気を頂きすっかりリフレッシュ。

 

 

 
 
素晴らしいお天気に恵まれた一日、美しい夕焼けの中を走る。藤岡のパーキングエリアに車を止めパリのZOOM会議、電波の調子と音声の調節が難しくリモートワークもあと一息?画面越しに見えるフランス人たちも皆さんマスク、熱く語るほど飛沫感染のリスクは高まるのだから致し方ない・・・。

 

 

   
 
 
台風一過で晴れ渡っていた昨日から一変、再びの曇天。本当に変わりやすいお天気の9月、ひたすら納品業務にいそしむアトリエ。クリスマスの納品が終わると次はもうお正月、年を追うごとにスケジュールが前倒しになり気ばかり焦る。

 

 

 
 
一ヵ月ぶりの軽井沢はやはり嬉しく、薄曇りの碓氷峠を越えると爽やかな山の風。美しい山々の景色に癒される。

 

 

   
 
 
定番ランチのバーベキューももちろん一ヵ月ぶり、澄んだ空気と肌寒いくらいの風が心地よく思わず食欲も増進。軽井沢の生活はいつも「定番」・・・、これと言って特別な事をしない日常が何とも休まる。

 

 

 
 
ランチの後ゆっくりお茶を飲んでいる間に通り雨、変わりやすい山の天気もまたいつもの事。雨上がりのしっとりした山の匂いとまだ残る霧雨の中、プリンスまで午後のお散歩に出かける。デッキに座って広大な緑を眺める至福のコーヒータイム。

 

 

     
 
 
diary index   page top

home