2019 December

 

 

   
 
 
発酵食品が体に良いことはわかっていてもなかなか上手に取り入れられない。和食のメニュウにサラダはミスマッチだと長らく思いつつ・・・、糠漬けの美味しさは自家製ならでは!美しく漬かったきゅうりや茄子、ミョウガにカブ、プチトマトも珍しい。彩り良く盛り付ければお漬物というより和風サラダのよう。

 

 

   
 
 
和食は本当に体に良いけれどスキーの後にはやはりお肉を頂きたい。脂をすっかり落とした豚しゃぶにたっぷりのキャベツと大根おろしを添え、最近凝っている糠漬けのお漬物。日本のカブはお漬物にしてもおみおつけにしても本当に美味しい。

 

 

   
 
 
プチトマトで作ったトマトソースのパスタ、最近はいろいろな色のフルーツトマトも楽しくサラダのようにトッピング。トロリとしたソースに瑞々しいフレッシュなトマトの食感が美味しい。

 

 

 
 
 
エスプレッソにガトーショコラも大好きだけれど、美味しい日本茶と和菓子の組み合わせも捨てがたい。寒天の中に季節のモチーフが散りばめられたガラスのオブジェのようなお菓子、黒文字を入れるのが躊躇われる・・・。

 

 

 
 
 
パリに居るとディナーではなくアペリティフのお招きを受けることも多い。特に12月のクリスマス直前になると皆がいくつものディナーを掛け持ちするのは難しいと、アペリティフの掛け持ちなら何とか?お野菜のディップはそんな時の定番メニュウ、頂いたトリュッフの入ったお塩とシチリア島のオリーブオイルをお供に。

 

 

 
 
 
パリでは我が家の下がカフェなので朝のエスプレッソは一日のスタートになくてはならないモノ。アレッシィのエスプレッソポットと蜂の模様のデミタスカップは軽井沢になくてはならないモノ・・・、ガトーショコラとエスプレッソ、教会の牧師夫人が母のために描いて下さった蜂のカップ、思い出と共に頂く静かな午後のカフェ。

 

 

   
 
 
すっかりマイブームになっている糠漬け、和食は体に良いけれど酵素たっぷりの生野菜が頂けないウィークポイントもコレで解決。フランス料理のピクルスとも違う奥深い味わい・・・。

 

 

   
 
 
ノンアルコールの生活になってそろそろ1年、クリスマスも近いこの時期はさまざまなお誘いが重なるけれど、私は仕事・・・。打ち合わせの後のシャンパンが楽しみだった時代は遠くなり、今ではホットミルクにシナモンパウダーというヘルシーなチョイス。

 

 

     
 
 
Plats index   page top

home