2020 February

 

 

 
 
軽井沢ではいつもお料理をするのが楽しみだったけれど、作ってもらうのは尚さら嬉しい。和風サラダのようにたっぷり鉢に盛られたぬか漬け、ぶりの照り焼きにまぐろの山かけ、生わかめのお味噌汁も本当に美味しい。そして体に良さそう・・・。

 

 

   
 
 
四季折々の暦の行事を大切にしていた母との楽しい思い出が蘇る節分。年の数だけお豆を貰える習慣に父や母はたくさんのお豆が升に入っているのに私は数粒・・・、そんなことを思い出しつつ恵方巻を頂く。

 

 

   
 
 
アトリエに篭って作業をする日はさっと頂けて美容にも良さそうなランチプレートを準備。サラダには青魚のフリット、ボイルした鶏のささみ、水気を切ったチーズのようなお豆腐と3種類のたんぱく質を添えて。ミネラル豊富なわかめのお味噌汁とヨーグルトにはオメガ3のオイルを含むナッツとドライフルーツをトッピング。

 

 

   
 
 
 
パリのサンジェルマンかと思うような不思議な一軒家のレストラン。メニュウもビストロの定番が並び益々サンジェルマンに居るよう。ほうれん草のサラダにはレンズ豆とグリルしたポーク、寒い今晩にぴったりな熱々のハッシ・パルマンティエ(マッシュポテトとひき肉の重ね焼き)、ロックフォールチーズのケーキも素晴らしく素敵な深夜のサパーに。

 

 

   
 
 
 
アメリカに行くとハンバーガーはファーストフードではなく立派なご馳走だと実感する。パテの種類や焼き加減、トッピングのバリエーションも数限りなく。オバマ大統領ファミリー御用達のハワイ・オアフ島生まれのクア・アイナ、アメリカらしいターキーのサラダにカリカリのフライドポテトをお供に。クア・アイナはハワイ語で田舎者、という意味だそう。

 

 

 
 
打ち合わせの食事も最近は「体に良いもの」がテーマ。女性誌の編集者が皆さん美しいのは情報と実践!モデルさんが近くに居ると刺激されることも多いと再びコラーゲン料理にご一緒する。見た目には普通のラザニアも実はお肉の代わりにレバーやトリップが入っていて無理なく頂けるのも嬉しい。

 

 

 
 
 
低カロリーで高たんぱく、コレステロールをコントロールしてくれるタウリンたっぷりのイカは、モデルさんの間でも人気の食材。トマトと一緒にオリーブオイルでソテー、最後にバジルを散らして。食べ頃のチーズとオーガニックのグレープジュースを添えればアンチエイジング効果も期待できそう。

 

 

   
 
 
苺と和菓子が大好きな私には「苺大福」は夢のようなスィーツ。瑞々しい苺とあっさりした漉し餡がモチモチの皮にくるまれて・・・。切り口が美しいので祖母の形見の松のお皿で頂くのが我が家の定番。

 

 

   
 
 
イソフラボンたっぷりのお豆腐と発酵食品のお味噌、ルチンを含む山芋とマグロ、デザートは食物繊維豊富な小豆羊羹・・・、さりげないランチもまるで健康と美容のために揃えたようなメニュウ。モデルさんが好んで和食をチョイスするのも大いに納得。

 

 

   
 
 
 
シンプルなたんぱく質と食物繊維と言えばステーキとサラダ、簡単で確実に美味しいというのも嬉しい。スキーに出かける前にひたひたの赤ワインに漬け込んでおけば夜には香り高いステーキに。付け合わせはシンプルに一種類のお野菜、ミディアム・レアに焼けたお肉にトリュッフの入ったお塩を一振り、ノンアルコールのビールをお供に。

 

 

     
 
 
Plats index   page top

home