2020 March

 

 
 
 
一般的にお仲人の奥様とのお付き合いはお歳暮やお中元くらい?のはずが私の場合は偶然に偶然が重なりご縁が深く・・・。美術史のお偉い先生でありながらもお料理からおしゃれ、果ては人生までと話題は多岐に渡りお会いするが毎回楽しみ。コロナの感染拡大が心配、と久しぶりにお宅に伺う。美肌にも体にも良さそうな「大豆つくし」が今晩のメニュウ、どれも美味しくお喋りも尽きない。

 

 

 
 
 
生野菜が体に良いとは言っても体を冷やす心配もあるので、生野菜と温野菜をバランスよく摂るのが理想的。更に必ずたんぱく質を一種類、鶏のむね肉や厚揚げ、ボイルしたシーフードなどボリュームがある高たんぱく低カロリーな食材をプラス。そしてなるべく早い時間に頂くのが深い睡眠のためにもとても大切。

 

 

 
 
 
イタリア人の友人と皇居を見学した後は大手町のオフィス事情をご案内、ランチはモデルさんにも大人気の玄米カフェへ。イタリアでもマクロビやヴィーガンなど健康志向のレストランは増えているのでGENMAIは既にご存じ、小さなお数が彩り良く並ぶ可愛らしいプレートに感激される。

 

 

   
 
 
玄米カフェにすっかり刺激を受けアトリエのランチもたくさんの品目を細々と並べてみる。青魚のマリネ、カボチャの煮物、切り干し大根、サツマイモと若芽、納豆と切り昆布、豚とキクラゲのキムチ和え・・・。小皿に細々と並べる楽しさもあり今後の定番になりそう。

 

 

 
 

フランス人は本当にデザートが好き、しっかり重いお食事の後に更に濃厚なデザート・・・。甘いものがあまり得意でない私はメニュウにこの「Iles frotttantes」を見つけると嬉しくなる。「浮島」という意味のネーミング通りふわふわのメレンゲがカスタードソースに浮いている軽くてファンタジックなデザート、コルドンブルーで習ったレシピを見つけ久しぶりに作ってみる。ココアを散らしてマーブル模様にしたり、カクテルグラスで頂くのも可愛らしい。

 

 

   
 
 
久しぶりの軽井沢でも玄米カフェの影響は続く。36品目は無理でも少しずついろいろな種類を、そして動物性と植物性、両方のたんぱく質、発酵食品にミネラルたっぷりの海藻と乾物も欠かせない。納豆とお豆腐、まぐろと山芋の山かけ、糠漬けに生わかめのお味噌汁、切り干し大根・・・、いろいろ考えると品数がどんどん増え少々食べ過ぎの心配もあり?

 

 

     
 
 
Plats index   page top

home