2021 February

 

 
 

青魚のDHAとEPAは血液をサラサラにする必須脂肪酸、モデルさん達からよく聞く「オメガ3脂肪酸」とか。匂いが気になるのは私だけではないようで、節分の鬼退治にも「豆のガラの音、柊のトゲ、メザシの匂い」とあるくらい。メザシはお酢で煮て出汁漬けに、脂の乗ったサバはこんがり焼いて。美容にも健康にも良い青魚。

 

 

 
 
 

フランスでは塩味のクレープ=ガレットを焼くときは小麦粉ではなくそば粉を使う。最近では健康志向の高まりでBIOショップにはさまざまなそば粉製品が並ぶ。ポテトチップスの代わり、そば粉チップスは軽い食感と独特の香ばしさがとても美味しい。

 

 

 
 
 

「真っ白で柔らかな味の薄いモノ」が好きな私が食べ物の中で最も好きなお餅、主人の実家から届くつき立てのお餅をこんがり焼いてお雑煮に。我が家のお雑煮は季節の野菜や鶏のつみれなどを入れた小さなお鍋の様、寒い日には芯から温まる嬉しいメニュウ。

 

 

 
 

年末に新潟から届いた見事な洋ナシ「レクチュレ」がようやく熟し恭しく頂く。生ハムとバジルのソースをトッピングしてホタテのソテーとイカのグリルをお供に。微発泡のクレマンとの相性もぴったり、なめらかな食感と香り立つ芳香に洋ナシの本当の美味しさを知る思い。

 

 

   
 
 

主人の実家から届いた栗ご飯、栗が大好きな私には嬉しいまぜご飯。祖母の形見のおひつに移し恭しく頂く。栗のほんのり甘い風味を壊さないようにごま塩ではなく摺ごまを振りかける。真っ赤な漆の器に鮮やかな黄色の栗、黒ごまのコントラストが美しい。

 

 

 
 
 

昨年の外出自粛期間以来、すっかりお菓子作りがルーティンになりおやつは殆ど手作り。コーヒーゼリーはカロリーも低くコラーゲンも摂れる「美容スウィーツ」、フルーツをトッピングしたりほんの少しクリームを添えるのも楽しい。

 

 

 
 

モデルさん達がいつ何時もタッパーに持参しているブロッコリー。ビタミンCはもちろん抗酸化作用、デトックス作用の高い「スルフォラファン」がポイントの栄養素とか。ビタミンCは水溶性のため茹でずに蒸す方が良いそうで、生で摂るのが最も効果が高いと花蕾(からい)を刻んでサラダやスープ、ご飯に振りかけるテクニックも。豆苗の若芽も人気の食材。

 

 

 
 
 

コロナの影響で夜の打ち合わせや会食が殆どなくなり早寝の私にはありがたい。早い時間に軽めのディナーとグラス一杯の赤ワインが最近の定番。緑黄色野菜はトマトとブロッコリー、淡色野菜はデトックス効果の高いアブラナ科のキャベツ、たんぱく質は茹でたサーモンとレバー、免疫を高めるキノコ類と食べる美容液と言われるアボカド、毎食野菜やたんぱく質のバリエーションを替えて楽しむ至福のディナー。

 

 

     
 
 
Plats index   page top

home