2020 March

 

 
 
 
私がパリに行った80年代後半はパリコレでコムデギャルソンやヨージ・ヤマモト、イッセイ・ミヤケが話題になっていた時代、あれから30年以上たっても未だに衰える事のないヨージ・ヤマモトのクリエイティヴィティ・・・。ヨージ・フリークの友人が最近購入したというワンピースに私のコレクションのサンプルを合わせて。黒がこれほど軽やかに見えるのはそのカッティングの素晴らしさによるもの。

 

 

 
 
久しぶりに訪れた奥志賀、連なる山々をリフトやゴンドラを乗り継いでスキーで渡る醍醐味は志賀高原ならでは。ご一緒させて頂いた方と美しい山をバックに滑る映像をCDROMに編集、思い出の写真とお礼状を添えてお送りする。最近はメールで済ませてしまうことが多いけれど、便箋やカードを選ぶ楽しみや静かに手紙を書く時間も大切にしたいもの。

 

 

 
 
イタリアから来日中の友人に桜の枝をプレゼント。母の作品のお雛様のハガキをアクリルの額に入れ、いつぞやご一緒した軽井沢のお店の焼酎の陶器を花器に。滞在が長いのでアパルトマンのお部屋で少しずつ咲く桜を愛でつつ日本の春を楽しんで頂けたら・・・。

 

 

 
 
 
ノンアルコールになってから甘いモノを少しずつ頂くようになった不思議、クルミが大好きな私に友人から素敵なプレゼント。黒糖を絡めてきな粉をまぶした和菓子のような胡桃、モザイクのようにキャラメルで包み込んだヌガーのようなクルミ。どちらも可愛らしくナッツの美肌効果も期待できそうな素敵なおやつ。

 

 

 
 
 
本のための資料を整理する日々はひたすら続き初めてパリに行った時の日記を読み返す。まだ19歳だった私のほとばしるような感激と長く温めて来た渡仏への熱い想いがページに溢れ懐かしさがこみ上げる。クオ・ヴァディスの方眼ノートと地下鉄の定期、カルト・オランジュ・・・、大切な青春の宝物。

 

 

   
 
 
マシュマロやオート・ミール、お餅やういろう・・・、真っ白で柔らかいモノが好きな私。フランスのデザート、イル・フロッタンは浮島を意味する素敵なスィーツ、久しぶりに我が家で作ってみる。ふわふわのメレンゲの島が真っ白なミルクの海に浮かぶ・・・、何ともファンタジックな夢のデザート。

 

 

   
 
 
お祖父さまの代からお世話になっている軽井沢のらく焼きの老舗、毎年楽しみにしている先代のお母様がお作りになるジャムを頂く。果物からお庭で育てていると伺いそのこだわりが美味しさの秘密?コンポートのような小さな無花果、自作の器に盛りつけハーブティーをお供に。

 

 

 
 
サンジェルマンにあるコスチューム・ジュエリーの「FABRICE」は今もマダム御用達のの伝説的ブティック、オリジナルのジュエリー・ケースは父のパリ土産だった。当時パリに滞在していた父から時々届く小包みは「憧れのパリから届く魔法の箱」であり、既にジュエリーデザイナーになりたいと思っていた6年生の私には夢のようなプレゼント。「どっちがいい?」と母に聞かれてさんざん迷って決めたグリーンの柔らかなビロードの感触に感激した。中に入れるジュエリーは自分で作ったビーズのネックレスや縁日で買った指輪くらいしか持っていなかったけれど、母が指輪を並べるビロードのバトンを作ってくれたことも懐かしい思い出。

 

 

   
 
 
フランスのお土産に頂いた大好きなお菓子、カリソンはフルーツの砂糖漬けとアーモンドにオレンジの花の水などを練り合わせて焼いた南仏プロヴァンス地方の伝統的な焼き菓子。宮廷の菓子職人が王様の結婚式のために発案した「幸せのお菓子」とも呼ばれるカリソン、真っ白なグラスロワイヤルと鮮やかな黄色の組み合わせが華やか。フランス人の陶芸家の友人の作品にのせて素敵なティータイム。  

 

 

     
 
 
mono index   page top

home