2020 November

 

   
 
 
11月に入るとスキー場もオープンし始め例年なら友人達とスキーのスケジュールを立て始める頃。今シーズンはコロナで泊まりは無理なので全て日帰りの企画がさみしい。子供の頃初めて一人で参加した「奥志賀高原ホテル」のスキーキャンプ、記念に頂いたバッジは今も私の宝物。

 

 

 
 
春の外出自粛期間に始めたバドミントン、秋からは朝の公園にシフト。紅葉した楓の葉やどんぐりに季節の移り変わりを感じつつ、子供の頃のように夢中で拾う。楊枝で繋げて作ったどんぐりのお人形やネックレス、母が作ってくれた「どんぐりの帽子」が懐かしい。

 

 

 
 
 
再び母の残したものを少し整理する。スイスのお土産に頂いた繊細なコットンのテーブルクロス、生成りのクリーム色に真っ白な手編みのレースの縁取りが何とも繊細で素敵、アイロンを掛けて久しぶりにテーブルへ。「丁寧に美しくお暮しなさいね」と、母の声が聞こえて来そう。

 

 

   
 
 
モデルさんを見ていると化粧品やサプリメントに頼らず「自分の内なる美を呼び覚ます」かのごとく、食べるモノや運動、メンタルを整える事に心を砕いているよう。それでも「これだけは譲れない」と言うコスメがこの美容液、ほぼ全員が使っている事にも驚くけれど進化しながらロングセラーを続けている事もその効果の証。

 

 

     
 
 
mono index   page top

home